【デート前に読みたい】あなたは大丈夫?ドライブデートの失敗談まとめ

投稿日: 

もうすぐ待ちに待ったゴールデンウィーク。連休を利用して、ドライブデートにでかけるカップルも多いのではないでしょうか。新緑の気持ちいい季節、少し足を伸ばして温泉に行ったり、二人の好きなアニメの聖地巡礼をしたり、フォトジェニックな夜景スポットを目指してみたり・・・。いつもより遠くまで出かけられることはもちろん、車内で過ごす二人だけの時間もドライブデートの楽しみのひとつですよね。
だけど慣れない車でのデートでは、些細なことから取り返しのつかないことまで、思いもよらない事態が待ち受けていることも。
初めて、もしくはまだ付き合いの浅い二人のドライブデートで起きた失敗談についてご紹介します。

おんな先輩
ドライブ太郎くん、こないだのドライブデートはどうだったの?

ドライブ太郎
おんな先輩。ええ、最高のドライブでしたよ!でもなぜか、そのあと連絡がこないんだよなぁ。

おんな先輩
何か失敗したんじゃないの?ちゃんと相手のことを考えたドライブはできたの?

ドライブ太郎
もちろん!僕の華麗なドライブテクニックを見せつけてあげましたよ!

おんな先輩
それは、危険ね。ドライブって、男性の性格がよく現れるから女性に見極められやすいのよ。
ブ太郎くんは、そのドライブを思い出して次の記事の何個当てはまるか考えてごらん。

安全運転

基本中の基本ですが、運転は安全第一でお願いします。スピードを出しすぎたり、急ブレーキをかけたり、追い越し車線を飛ばしたり。とはいえ、高速道路で遅すぎるのも怖いので、「流れに乗る」くらいの気持ちで走ってもらいたいです。運転に限らず、そして男女問わず、「空気を読む」「流れに乗る」って大事ですよね。特に車好きの方や愛車にこだわりを持っている人ほど、ついつい自分の車やスピードを自慢したくなるかもしれません。でも必要以上のスピードを出して喜ぶ女性はそうそういません。
「助手席に乗る人のことを考えられないのかな」「私が隣に座っているのに心配じゃないのかな」とプラスどころかマイナスの印象を与えることも。
スピード狂ではなかったのですが、話に夢中になると助手席ばかりを見てくる人がいました。結果、何度か赤信号に気づかず信号無視をしたり(交通違反ですからね)、急ブレーキで漫画のような「ガックン」を繰り返したり。そしてそういう人ほど自分の運転になぜか自信を持っているのです。この人がいつか家庭を持ったときに、その奥さんやお子さんが無事でありますように・・・と遠い目をしたのを覚えています。

車が見当たらない!

遊園地や大型ショッピングモール、アウトレットなどの広い駐車場で、駐車した場所を忘れてしまった経験はありますか?すぐに見つかればいいのですが、遊び疲れてふらふらの状態で1時間探しまわることになったら・・・。想像するだけでげっそりします。女性は勝手な生き物なので、自分のことは棚にあげて、「何で覚えておいてくれないのだろう」なんて思われかねません。
駐車できたことに安心してすぐに車を離れず、色分けされた色や番号を覚えておきましょう。「〇〇番に停めたね!」「覚えた?」とお互いに声を掛け合うのもコミュニケーションのひとつ。
携帯電話のカメラで撮影しておく、携帯にメモするのもいいですね。駐車場で長時間迷子になることを考えたら、「そんなの細かい男と思われてかっこ悪い」なんてことは一切ないので安心してください。

二人きりの空間、つまり密閉空間


車の中は二人きりになれてムードも出やすいけれど、言い換えてみれば逃げ場のない密閉空間。
スピードの出る高速道路上では、騒音や安全性の問題から、窓を閉めるのが一般的。
二人きりの密室で嫌なニオイが漂った場合、言い逃れはできませんので、前日の食べ物、当日の体調管理には十分に気をつけてください。前日辛い物を食べてお腹がゆるみ、自宅まであと少し・・・のところで間に合わなかった友人がいます。幸いデートではなかったようですが、もしデートだったら悲惨極まりないですよね。もちろん女性側も同じく、好きな人とのドライブデートでオナラとかしたくないので(私もお腹が鳴るのすら恥ずかしいと思っていたかわいい時代もありました・・・)、万全の体制で臨んでいるはず。プチ事件を防ぐためにも、当日もトイレにはこまめに立ち寄るようにしましょうね。お互いの為に。

車の整備、大丈夫?

ドライブデートの前日、あなたの車はどんな状態ですか?レンタカーではなく自分の車でデートに行く場合、ガソリンを入れ、ゴミを捨て、掃除もするでしょう。ガソリンスタンドに行って、くまなく点検しろとは言いません。ただ、自分の車がどんな状態か日頃から気にするようにしてください。
長距離ドライブをする前、ガソリンを入れながら必ず「エンジンブレーキのチェックをお願いします」と言う人がいました。(エンジンブレーキ=エンジンの回転を利用したブレーキのこと。 アクセルを踏まないと回転数が落ちて、自然に制動力が働いて車のスピードが落ちてきます。 段々とブレーキの利きが悪くなってきてしまう。)
大半は異常なしでしたが、時折、「ちょっと緩んでいたので調整しておきました」と言われていたので、詳しくは分からないながらも「あ、よかったな」と安心したものです。
一方、ドライブ中に突然ハンドルが外れてとても焦ったことがありました。中古の外国車で、かなり古かったこともありますが、学生だった当時、そこまでこまめに点検をしていなかったかもしれません。
そのときは事なきを得ましたが、よく考えると(よく考えなくても)怖いですよね。
ちなみに、エンジンブレーキとハンドルが外れた人は同じ人でした。慎重な人であっても思わぬことが起きる可能性があるので、日頃から「早め早めの確認」「こまめな確認」を心がけるようにしてください。

マイルール男子にならない

車に対して愛着や様々なこだわりを持つ方も多いでしょう。どのような趣味を持つのもルールを決めるのも自由ですが、やりすぎには注意してください。たとえば、「ゴミはこの袋に入れて」「タバコは吸わないで」くらいであれば良いのですが(タバコは私も賛成です!)、「車は土足厳禁。ここで脱いでね」「飲食禁止」「ナビを勝手にいじらないで」など・・・あれこれ言われると、「もういいや」「面倒くさいな」と思われてもしかたありません。もちろんゴミだらけの汚い車なんて論外なので、綺麗な車であることは素晴らしいのですが、何事もほどほどに。女性側も、ばらまく恐れのある食べ物は控えたり、「車内で食べても大丈夫?」とひと声かけたり、の気遣いを心がけたいと思います。

昔、何の注意も払わずドアの開閉をしていた私に、「ドアを開けるときは片手で勢いよく開けず、もう片方の手を添えた方がいい」と言った人がいました。私は意識したことなかったのですが、「思いがけず風が強かった場合、片手だと勢いよく開いて隣の車にぶつかる可能性もある。でも片方の手を添えていたら、ドアを引き戻すこともできるし、力加減を調整することができる。」とのこと。以来、ドアの開閉時は必ずそうするようにしていますが、意外と気にしていない人も多いですよね。
「ドアの開閉時は最新の注意を払うべき」を教えてくれた男子に私は今でも感謝しています。
というように疎ましく思われることもあれば、感謝されることもあります。
大事なのは「相手のことを想っているかどうか」ですよね。
男性のみなさん、どうか行き過ぎたマイルール男子にならないようにしてくださいね。

おわりに

ドライブデートでありがちな失敗談について、実体験をもとに紹介してみました。
あれこれ書いていると「面倒くさいな」と感じてしまうかもしれませんが、実際に守るべきことは常識に則ったものばかり。そう難しく考えないでくださいね。お互いに相手を気遣う気持ちを忘れない限りは、何の問題もありません。ただ、下手をしたら女性を怒らせたり、興ざめされたりの原因になりかねません。ここでご紹介したポイントを一つでも頭に入れて、ドライブデートを楽しんでください。
そうそう、もし彼女が眠そうにしていたら、ぜひ「寝ていていいよ」の一言を♡
大らかで余裕のある男性に惹かれるものです。

ドライブ太郎
おんな先輩。大変です。5個中5個があてはまりました。

あわせて読みたい記事はこちら

はじめてのドライブデート!女性がドキッとしてしまうちょっとした気遣い5選

この記事のQRコード