熊本で観光するならおすすめしたい、天草で絶景に出会うのんびりドライブ

投稿日: 
観光・アクティビティ・食を一度に味わうことができる天草は、熊本県の南西部に位置する島々で、周囲を東シナ海・有明海・八代海という3つの海に囲まれています。美しい蒼い海に浮かぶ大小さまざまな島と緑深い山々の自然が織り成す雄大な景観や、季節を問わず一年中楽しむことのできるイルカウォッチングや日本最大級の肉食恐竜の化石が発見された恐竜の島、南蛮文化やキリシタンの歴史を感じさせる施設などがああり、自然と文化に囲まれた島です。

コース地図

コース概要

所要時間:約3時間3分
全距離:125 km

コース予算

ガソリン代 /
食事代10,000円/人
宿泊代

*有料道路を利用する場合は、上記予算と別途有料道路利用料がかかります。

三角西港珈琲屋和蘭館


まずは天草市に入る前に、和蘭館で一休みしましょう。
和蘭館は世界文化遺産の三角西港にあり、とても珍しい国登録有形文化財の建築物の「カフェ」です。「明治日本の産業革命資産」の「三池炭坑関連資産」の一つとして世界遺産に認定されました。

三角西港珈琲屋和蘭館の詳細情報

天草四郎メモリアルホール


伝説と謎に包まれたわずか16歳の少年、天草四郎を中心に繰り広げられた信仰の戦い「天草・島原の乱」。ここ天草四郎メモリアルホールでは「天草・島原の乱」の歴史的背景及び南蛮文化の影響を受けた当時の模様を資料と映像によりわかりやすく紹介しています。天草四郎の真の姿と民衆の熱き思いを今に伝える体験的テーマ館です。
 自由と平和を求め戦った壮大なロマンの軌跡をたどる、歴史ファンならずともぜひ訪れてほしい場所です。

天草四郎メモリアルホールの詳細情報

リップルランド


道の駅有明、通称リップルランドは、道の駅にして温泉・物産館・レストラン・海水浴場を保有している施設です。道の駅に車を止めて、海岸沿いをのんびりお散歩して見てはいかがでしょうか。

リップルランドの詳細情報

妙見浦


次に行って欲しいのは、妙見浦。風光明媚な景勝地で、国の名勝及び天然記念物に指定されています。

大江天主堂


キリスト教解禁後、天草で最も早く造られた教会で、現在の建物は昭和8年(1933年)天草への伝道に生涯を捧げたフランス人宣教師ガルニエ神父が地元信者と協力して建立した。 丘の上に建つロマネスク様式の教会。

奴寿司


天草でお寿司といえば、並んででも食べて欲しいのが奴寿司。数多くのテレビに取り上げられ、日本の三大寿司店にも選ばれた奴寿司。有名人や芸能人もお忍びで通う方がおおいそうです。

奴寿司の詳細情報



この記事のQRコード