桜だけじゃない!世界が認めた日本の春の花と絶景を巡る北九州市ドライブコース

投稿日: 
「世の中に たえて桜の なかりせば 春の心は のどけからまし」
この世の中に、全く桜の花というものがなかったならば、春を迎える人の心は、おだやかでいられるだろうに・・・。かつて平安時代の歌人・在原業平が桜を詠った歌です。桜の花が美しいがために、いつ散ってしまうのかハラハラして過ごすことになる懸念を詠ったものでもあります。確かに桜は美しく、誰しも春を迎える楽しみの一つではないでしょうか。でも春は決して桜だけではありません!ここ福岡県・北九州市には、世界に認められた春の花を見ることができます。今回はそんな日本が世界に誇る花と、絶景を巡るドライブコースのご紹介です!!

コース地図福岡県

コース概要(日帰り)

コース移動時間約2時間50分
コース距離84.3km
目安予算2,000円〜3,000円/人
ガソリン代 /

スポット詳細

河内藤園

藤の花のトンネル・・・・。息をのむ美しさですね。

実は綺麗なだけでなく、いい香りなんです!

幻想的な景色ですね!!
紅葉の時期も、圧倒的な美しさを誇ります!!

日本人にとって、春と言えば真っ先に桜を想起される方が多いのではないでしょうか。
とはいえ、春は花の季節。全国各地に春を彩る数々の綺麗な花が咲く季節でもあります。
藤の花もそんな春を代表する花の一つですが、藤の花?と言われてもあまりご覧になる
機会のない方もいらっしゃるかと思います。

そんななか、ここ「河内(かわち)藤園」の藤の花はなんと世界にその名を轟かせているって
ご存知ですか?
なんと、世界有数のニュース専門放送局として有名なCNNの特集で『日本の最も美しい場所31選』
に選出されただけでなく、海外サイト「FeedBox」にて『実在する世界の美しい場所10』として
日本で唯一選出されたのが、河内藤園なんです。

写真でご覧いただけるとわかる通り、薄紫を中心にこれでもかというぐらいに、色鮮やかな
レイヤーが見るものを圧倒させる美しさを放っています!!

こんなに美しい名所にもかかわらず、河内藤園があまり世間に知られていないのは、
「藤の花を傷つけたくない」という理由で、観光客を呼び込むような対外的な告知活動を
一切行っていないからなんです。
そのため訪れる人は口コミが中心であり、世界的に評価される場所でありながら、逆にまだまだ
日本人に馴染みがない場所となっています。

見頃は4月末〜5月初旬にかけて、ちょうどGW頃となります。
是非桜を楽しんだその後は、世界が認める藤の花を見に行ってみてください!!
なお、秋はもみじの名所でもあるので、秋に再び訪れるのもオススメですよ!!

<開園時期> 4月中旬〜5月中旬(藤)
       11月中旬〜12月初旬(もみじ)
<開園時間> 8:00〜18:00
<入園料>  500〜1,500円(開花時期による変動制、高校生以下無料)
       ※2017年4月22日(土)〜5月7日(日)の見頃のピーク時の入園については、
        セブンイレブン・ファミリーマートにてチケット購入が必要となります。
<駐車場>  200台(無料)

所在地:日本, 〒805-0045 福岡県北九州市八幡東区河内2丁目2−48

千仏鍾乳洞

絵本の世界のような美しい藤の花を見た後は、同じくちょっと非現実な世界を訪れてみませんか?
こちら、千仏鍾乳洞は昭和10年に国の天然記念物に指定された鍾乳洞で、まるでゲームのダンジョンの
ような雰囲気を感じます。
洞内は1年を通じて気温が16度、水温が14度と一定しており、夏は涼しく、冬は温かい環境です。
長さは数千メートルにもなると言われていますが、照明施設があるのは入り口から900メートルまで。
480メートルまでは靴のままでも進むことができますが、そこから先は「奥の細道」と呼ばれ、
くるぶしまで水に浸かります。900メートル以上先も懐中電灯持参であれば進むことができますが、
これ以上は全身濡れますので、もろもろ用意がない方は控えた方がいいかと思います。

秋吉台のような広くて長くて大きい、みたいなイメージとはちょっと違いますが、自然が作り出した
絶景は体験する価値ありです!!

<営業時間> 9:00〜17:00(平日)
       9:00〜18:00(土・日・祝日)
<定休日>  なし
<入洞料>  大人:800円、高校生:600円、中学生:500円、小学生:400円
<駐車場>  100台(無料)

所在地:日本, 〒803-0180 福岡県北九州市小倉南区平尾台3丁目2−2−1

門司港駅

木黄さん(@roacafe)がシェアした投稿

せっかく北九州市にいるのなら、是非来ていただきたいのがここ「門司港駅」です。
ここは日本で初めて、国の重要文化財に指定された駅舎です。
大正3年にドイツ人技師のヘルマン・ルムシュッテルの監修の下に建てられた、
ネオ・ルネッサンス調の木造建築で、至るところに当時としては革新的なモダンな
造りとなっています。

関門トンネルができるまでは、九州の玄関駅として活躍し、関門連絡船と接続する
駅であり、九州の鉄道の起点でもありました。
そういった玄関駅としての役割を担うことで、九州の起点として栄え、今でもその頃の
建物や街並みが「門司港レトロ」エリアとして残り、多くの観光客を魅了しています。

なお、門司港駅は現在老朽化に伴う改修工事中のため、2018年3月頃まで駅舎および
駅前広場で立ち入り制限がありますので、ご注意ください。

所在地:日本, 〒801-0841 福岡県北九州市門司区西海岸1丁目5−31

BEAR FRUITS(ベアフルーツ)

@kakinabeがシェアした投稿

門司港と言えば、焼きカレーが名物!
そして、焼きカレーと言えばここBEAR FRUITS(ベアーフルーツ)がとても有名です。
あの俳優・竹中直人さんや、女優・上戸彩さんに人生最後に食べたいとまで言わしめた
絶品のカレーなんです。

メニューは、スーパー焼きカレーと、ごろっとしたビーフが入った、ビーフ入りスーパー
焼きカレーの2つのみ。ビーフ入りの方は、ビーフが無くなり次第終了なので、ビーフが
残っているようであれば、是非ビーフ入りがオススメです。

とにかく常に混んでいる店なので、待つことは必至ですが待つだけの価値はあるお店です。
是非門司港名物の焼きカレーを堪能してみてくださいね!

<営業時間> 月〜木曜    11:00〜22:00(LO 21:30)
       金・土日祝前日 11:00〜23:00(LO 22:30)

所在地:日本, 〒801-0841 福岡県北九州市門司区西海岸1丁目4−7 門司港センタービル1F

皿倉山

本日の締めは、奈良の若草山、山梨の笛吹川フルーツ公園と並んで新日本三大夜景の一つである
皿倉山の夜景で!! 標高622メートルで、北九州市のシンボル的存在でもある夜景の名所です。
とにかくこの景色に言葉は必要ないかと思います。
北九州でのドライブの際は是非この神秘的な夜景を見に立ち寄ってみてください!

所在地:日本, 〒805-0057 福岡県北九州市八幡東区尾倉(大字) 皿倉山

まとめ

いかがでしたか?北九州は本当に絶景がいっぱい詰まった素敵な街であると、知っていただけたのではないでしょうか。
(地元の方はきっとその魅力を再認識していただけたと思います。)
福岡県にはまだまだご紹介したスポットがたくさんありますので、引き続きどんどん福岡県の素敵スポットをご紹介していきたいと思います!!



この記事のQRコード