【特別編】ワタシ × 愛車「Golf GTI」にまつわる物語(Volkswagen春日部のお客様の場合)

投稿日: 
愛車には、そのクルマの数だけ物語があります。なぜそのクルマを選んだのか、どのお店でどんな担当者から購入したのか。その物語はクルマ単体だけではなく、それに付随する全てのものによって大きく違ったものになってきます。そしてその物語は、クルマを購入しようと決意した時から既に始まっているのだと思います。今回はVolkswagen春日部でおクルマを購入していただいた正真正銘のお客様にご協力いただき、そんな愛車やお店にまつわるお話とともに、ご自身の思い出に残る大切なスポットに同行させていただきました。

コース地図埼玉県 春日部市)

コース概要(日帰り)

コース移動時間約20分
コース距離6.1km
目安予算〜1,000円/人
ガソリン代 /

スポット詳細

インタビュー・対談

今回は、Volkswagen春日部のお客様である日比谷様に、担当セールスである関口が
インタビュー&対談させていただきました。
現在のGolf GTIについて、Volkswagen春日部について、そして担当である関口本人について・・・。
普段なかなか聴けないお客様の本音をいろいろと伺いました!!

VW春日部/関口
日比谷様、お忙しい中今回のインタビュー企画にご快諾いただき
本当にありがとうございます。
本日は普段なかなかお伺いすることができないことも、ざっくばらんに
伺えればと思っております。是非忌憚ないご意見をいただければ幸いです。

日比谷様
本日はよろしくお願いします!
こういうインタビューいただく機会ってなかなかないので、何を話そうか
ちょっと緊張してしまっていますが(笑)、よろしくお願いいたします。

1.現在の愛車「Golf GTI」について

ー 現在の愛車であるGolf GTIを購入されたきっかけについて教えてください

日比谷様
元々GTIは20年来の憧れのクルマだったんです。昔「いつかはクラウン」という
言葉がありましたが、僕にとってそのクラウンがGTIなんです。
数年前、母が亡くなったことで自分の死生観を見つめ直すタイミングがありまして。
まだまだ身体が健康なうちに、できることをいろいろしておこうと思った時に、
好きなクルマに乗るのもいいなと。それでGTIを見に来ることにしたんです。
クルマを購入するって、安い買い物ではないので、最初は恐る恐るです・・(笑)
でも今考えると、きっと自分から「買いたいオーラ」が出ていたんでしょうね。
一抹の不安がありつつも、ぐっと押してもらったことで、購入を決めました。
ー Golf GTIに対する満足度を教えてください

日比谷様
総合点でいえば、100点以上!大変満足しています!

一言で表現すると、とても「自然」なんです。
まだ乗り始めて3年くらいですが、何十年もずっと乗ってきたような
感覚を受けます。例えば山登りをして、岩清水を飲む時に
「飲む」というより「身体に溶け込む」っていう感覚があると思います
が、まさにそんなイメージですね。

VW春日部/関口
乗り心地や、使い勝手の部分はいかがですか?

日比谷様
今までずっとマニュアル車に乗っていたこともあって、オートマ車の
ブレーキを踏んでスピード調整というのが嫌だったんです。
でも、Golf GTIのデュアルクラッチシステム(DSG)は自分が
こうしたい、こういう風に運転したいという気持ちに応えてくれます。
6速というのも、メリハリがあって自分にはとてもよく合っています。

タイヤがスポーツタイヤなので、荒れた路面では少しロードノイズが
気になる時もありますが、普段はとても静かだし、4人がゆったり
乗れるツアラーとしてもとても優秀!!
一方でスポーツモードで走らせれば、ノーマルモードとは全然別の
表情を見せてくれたりと、あらゆるシチュエーションで楽しいです。
まさに、非の打ち所がないクルマだと思います。

2.Volkswagen春日部について

ー 数あるVolkswagen店の中から、Volkswagen春日部を選んでいただいた理由を教えてください

日比谷様
通勤路にあるということが元々の理由ですね(笑)
僕は高校が越谷で、自宅もそちら寄りなので越谷のディーラーの存在も
知っていたんですが、来やすかったのでこちらになりました(笑)

VW春日部/関口
そうでしたね。(笑)最初にお話させていただいた時にも伺った気が・・。

日比谷様
元はそんな理由がこちらに来るきっかけでしたが、今までずっと輸入車のお店に
来たことがなかったので、最初は怖かったわけです・・(笑)
でも、「国民車」というブランドイメージもそうですが、実際にお店に来た時に
レセプションの貝沼さんや陳さんの対応がとても素敵で、親しみやすい雰囲気
だったこともあって、ここで良かったなって。
ー Volkswagen春日部に対してはどのように感じていらっしゃいますか?

日比谷様
なんだかんだ1ヶ月に1回は関口さんが顔出してくれていますし、
グッズが充実しているので、それを買いに僕もよくこちらに伺っています。
レセプションの皆さんもそうだし、とても来やすい雰囲気なので、
本当にありがたいなと思っています。
店舗全体に対しても、とても満足しています!

3.担当である関口について

ー ズバリ、担当としての関口はいかがですか?

日比谷様
そうですね・・・・、普通かな。

VW春日部/関口
ええ!??(驚)

日比谷様
普通といっても、とても良い意味で!
飛び抜けて素晴らしいということはないけど(笑)、その分
全体的にバランスが良くて、担当としてお付き合いさせていただく
上で飽きなくていいという意味での「普通」ですね。
関口さんはお店のイベントなど、都度都度いろいろお誘いしてくれますし、
サービス担当の石垣さんは、クルマ好きかつ同じGTIに乗っているので
話せば伝えたいことをわかってくれるので、関口さん含め、担当いただいて
いる皆さんには本当に感謝しています。
・・そういえば、関口さんは学生の時にボウリング場でアルバイトしていた
そうで、ボウリングバックをあげるよって約束していたんですが、まだ
渡せてないですね・・・。いつでも渡せるよう準備はしてあるのに(笑)
また近々持ってきますね。

4.今後について

ー 次に買い替えのタイミングが来たら、どうされますか?

日比谷様
今のクルマとあと何年付き合うのかわからないことと、今まであまり
頻繁に乗り換えをするという乗り方ではなかったので、どうなるかは
本当にわからないなと思っています。
ただ、経済面やその他の様々な環境踏まえて、許されるのであれば
またVolkswagen春日部で、新しいGolf GTIを購入したいと思います。
せっかくこうして出会えたし、その縁を大切にしたいので、他のディーラー
に行くということはないですね。
ー 最後に、これからのVolkswagen春日部や担当の関口に期待することを教えてください

日比谷様
お店や担当にとっては、お客さんは数ある中の一人でしかないと思いますが、
客側からはお店や担当セールス・サービスをよく見ているものなので、
常に新鮮な気持ちで接してもらいたいなと思っています。
人間どうしても環境や仕事に慣れが出てきてしまいますし、そんな慣れから
くる何気ない一言を、客は敏感に感じてしまうものです。
今がとても素晴らしいので、初心を忘れず、このお店が出来た時のこと、
お客さんがたくさん来てくれた時のことなど、その時に感じた気持ちをずっと
大切にしていってくれたらいいなと思っています。

VW春日部/関口
ありがとうございます!!いただいた言葉は肝に銘じていきます。
本日はお忙しい中、本当にありがとうございました!!

所在地:日本、〒344-0041 埼玉県春日部市増富310−1

春日部ターキーボウル

本日ご一緒させていただくのは、東武野田線「春日部」駅からも徒歩5分という
好立地にあるボウリング場「ターキーボウル」。

1970年代の第一次ボウリングブームの時期にオープンし、以来地域で愛される
ボウリング場です。2014年に現在の建物としてリニューアルオープンし、
非常にきれいな施設となりました。

支配人である坪井プロを始め、プロが運営する施設であることから、
プロチャレンジや大会なども多く行われています。

一方でキッズは1ゲーム350円で楽しめるなど、若年層に優しい料金設定も
魅力で、その他様々な料金パックがあることから、家族連れやカップルでも
楽しめます。


「先日こちらで開催されていた販売会で、マフラーをCOX製に付け替えたんです!!」

元々は、クルマはノーマルのまま乗っていく予定だったとのことですが、
Golf GTIへの愛着から、マフラーを始め、車内でもアクセル・ブレーキペダルを
交換したり、いろいろとカスタマイズして楽しまれていました!!

ちなみにマフラー交換して、通常の速度帯ではより静かに、
スポーツモード等でアクセルを踏み込んだ時は、より官能的な音になったそう!


目的地である春日部ターキーボウルにご一緒させていただいている車中にて。

日比谷様は、ドライバーズシートはほぼ直角に立て、足元スペースも狭めにした
セッティングが好みとのこと。
「こうやってきちっと座ると、クルマと対話できるというか、一体感を持って
運転できるから、このセッティングが好きですね!」
Golf GTIを十二分に堪能されていることが非常によく伝わります!


「ボウリングを今みたいにやるようになったのは、ちょうど東日本大震災の年ですね。」

それまでお母様の看病でなかなか遠出が難しく、趣味に打ち込むような時間もなかったとのこと。
そんな中、職場でボウリング大会が開かれることになり、恥ずかしくないように練習しようと
思ったことが、今回の春日部ターキーボウルに行き始めたきっかけだそう。

近場でできる趣味として通い始めるうちに周囲の方とも仲良くなり、ボウリング自体の魅力にも
惹かれ、気づけば日本ボウラーズ連盟(NBF)にも加入し、春日部ターキーボウルにも週5日通うほどに!!


「そうそう、今の時期は春日部らしいと言えばあれですね!!」

指差した先には、春日部ターキーボウルから、目と鼻の先にあるイトーヨーカドー。
・・・サトーココノカドー・・?
さすが、クレヨンしんちゃんの街!!
噂には聴いたことありましたが、アニメ『クレヨンしんちゃん』の作中に出てくる
スーパー仕様になっているイトーヨーカドーです。

街全体でクレヨンしんちゃんという作品を大切にしているということが
とてもよく伝わりますね!!(遊びココロを持ったイトーヨーカドーさんも凄いですね!)



春日部ターキーボウルに到着!!
2014年にリニューアルオープンする前は、現在隣に建っているマンションの敷地分も
ターキーボウルの土地だったそうですが、そちらは売却し現在の建物になったそうです。

昔を知る地元の方は「少し狭くなった」と感じる方もいらっしゃるようですが、
その分プロを交えてのチャレンジ企画など、非常に近い距離感で交流が図れることから
参加者には非常に評判が高いボウリング場となっています。


一階の駐車場へ。
この日は午前の部からイベントがあるため、お昼前なのに結構埋まっていました。


「これ!! ここにもフォルクスワーゲンのグッズを付けているんです!!」

ハッチバックから取り出したアイテムバッグには、フォルクスワーゲンのクマの
ぬいぐるみが!!
そこかしこから、フォルクスワーゲン愛を感じます!!


「バッグがとにかく重いんです・・・・。リニューアル前はエレベーターも無かったので
これを階段で運んでいました。」

持たせていただくと、これが本当にずっしりと重い!!
男性用のボウリングボールはだいたい7キログラム前後。
おそらくボールが3つとシューズやバッグ自体の重さ含めて、25キログラムはありそう!!


春日部ターキーボウルはフロアが2階と3階に分かれています。
(1階は駐車場と日本ボウラーズ連盟が入っています)

イベントによって使い分けているようで、こちらは2階の受付です。


「おおっ、久しぶり!!」

そんなに久しぶりではないそうですが(笑)、知り合いの方を見つけて
歩み寄る2人!!
後ろから拝見していて、こうやってボウリングを通じて出会った方々を
日比谷様が非常に大切にされていることがよくわかります!!


2階はちょうどイベント中だったようで、皆さん真剣にゲームを楽しまれていました。


続いて3階へ!
ちなみに、右側のボードのランキングには日比谷様のお名前も!!
既に趣味の範疇を越え、かなりの腕前です!!!


「おっす!!」

3階にいらっしゃった仲の良い女性スタッフの方に話かけます。
気心の知れた日比谷様の後ろに、その姿を激写するカメラマンが同行している
ことに動揺するスタッフさん・・・(笑)


「フォルクスワーゲン春日部さんの取材で、今日俺密着されてるの!!」

主旨を説明すると、安心したのか大爆笑のスタッフさん・・笑


「これ、こんな感じで冊子になる予定!!」

フォルクスワーゲン春日部・川越・蓮田・池上が合同で作成している
お客様向け冊子『Volkswagen STYLE』を見せながら、スタッフさんに説明!!

いつもは女性のモデルさんで撮影させていただいておりますが、
今回は日比谷様をバッチリ掲載させていただきます!!


「この方、ターキーボウル所属の霜出佳奈プロ!!」

看板を指しながら丁寧に説明してくださいました。
金曜日は終日こちらの春日部ターキーボウルにいらっしゃるそうで、
チャレンジマッチで一緒に投げることもできます!!

「自分はプロと一緒に投げるなんて・・・」
という初心者の方も、間近でプロの投球を見たり、プロと触れ合う
貴重な機会ですので、興味ある方は是非参加してみてください!


「実は今日の夕方、ここで大会に参加するのでまた来る予定なんです!!」

なんとこの日は、大会を控えた貴重な時間でした。
半日密着させていただき、愛車やボウリング、それに関わるお一人おひとりを
とても大切にされているため、周囲からもとても愛されている方なんだと
感じました。

是非引き続きGolf GTIならびにフォルクスワーゲン春日部をよろしくお願いします!!
日比谷様、本日は本当にありがとうございました!!

所在地:日本、〒344-0067 埼玉県春日部市中央1丁目17−6

Volkswagen春日部

<Volkswagen春日部について>

最後にVolkswagen春日部のご紹介です。

Volkswagen春日部は、東京/埼玉/北海道でVolkswagen・Audiを軸として
数多くのブランドの正規販売代理店を運営する株式会社北海道ブブグループ、
株式会社MIDのVolkswagen正規販売代理店です。
(なお、北海道ブブグループは春日部を含むVolkswagen店舗6店舗の他、Audi9店舗、ベントレー、
マセラティ、アルファロメオ等の正規ディーラーをはじめ、輸入中古車店も運営する総合輸入車
販売会社です。)

<営業時間> 10:00〜19:00
<定休日>  毎週火曜日
<URL> http://www.vw-dealer.jp/top.do?dlr=vw_kasukabe/ リンクはこちらから!
<電話番号> 048-753-7733

所在地:日本、〒344-0041 埼玉県春日部市増富310−1

まとめ

今回はいつもの春日部近隣のスポットをご紹介する記事から少し主旨を変え、Volkswagen春日部の実際のお客様から見る当店やクルマのことをご紹介してまいりましたが、いかがでしたでしょうか。我々も普段伺うことができないお話をたくさんいただき、お客様の大切な思い出の一片を担わせていただいているということを再認識するきっかけとなりました。クルマはただの移動手段ではなく、大切な空間でもあるためそこには様々な思い出が残ります。そんな大切な思い出になるようなおクルマを探すお手伝いを是非一緒にさせていただければ幸いです。Volkswagen車が気になるという方はもちろん、今はまだどういうクルマにしようか決めてないという方も、是非一度Volkswagen春日部に遊びにきてください。スタッフ一同皆様のご来店をお待ちしております。



The following two tabs change content below.
株式会社北海道ブブグループ、株式会社MIDが運営するVolkswagenの正規販売代理店です。Volkswagen車の情報と、地元春日部を中心としたオススメスポットをご紹介していきます。
この記事のQRコード