【特別編】ワタシ × 愛車「up!」にまつわる物語(Volkswagen川越のお客様の場合)

投稿日: 
愛車には、そのクルマの数だけ物語があります。なぜそのクルマを選んだのか、どのお店でどんな担当者から購入したのか。その物語はクルマ単体だけではなく、それに付随する全てのものによって大きく違ったものになってきます。そしてその物語は、クルマを購入しようと決意した時から既に始まっているのだと思います。今回はVolkswagen川越でおクルマを購入していただいた正真正銘のお客様にご協力いただき、そんな愛車やお店にまつわるお話とともに、ご自身の思い出に残る大切なスポットに同行させていただきました。

コース地図埼玉県

コース概要(日帰り)

コース移動時間約1時間0分
コース距離31.2km
目安予算〜1,000円/人
ガソリン代 /

スポット詳細

インタビュー・対談

今回は、お嬢様と親子でVolkswagen川越のお客様である坂本様に、担当セールスである岸田が
インタビュー&対談させていただきました。
現在の愛車up!について、Volkswagen川越について、そして担当である岸田本人について・・・。
普段なかなか聴けないお客様の本音をいろいろと伺いました!!

VW川越/岸田
坂本様、お忙しい中今回のインタビュー企画にご快諾いただき
本当にありがとうございます。
本日は普段なかなかお伺いすることができないことも、ざっくばらんに
伺えればと思っております。是非忌憚ないご意見をいただければ幸いです。

坂本様
本日はよろしくお願いします!
岸田さんとは普段から定期的にコンタクトをとらせていただいているので、
結構いつもお伝えしている部分もありますが(笑)、改めてお伝えできる
ものがあればいいなと思ってます。
よろしくお願いいたします。

1.現在の愛車「up!」について

ー 現在の愛車であるup!を購入されたきっかけについて教えてください

坂本様
元々娘がPoloに乗っていまして。その担当をしてくださっているのが岸田さんだったんですね。
車検とか点検の対応を私が窓口としてやっている中で、岸田さんの存在を知りまして(笑)
自分がクルマを購入する機会があるとは思っていなかったんですが、クルマが必要になった
タイミングで、娘から「岸田さんのところでクルマ検討してみたら?」と後押しされたのが、
こちらでクルマを購入するきっかけでした。
up!にした理由は、フォルクスワーゲンの「VW」のエンブレムが凄く好きで、娘のPoloを見て
ずっといいなって思っていたんです。で、このエンブレムがup!はPoloより大きいので、
とても魅力的に見えたことがup!にした理由で、岸田さんの勧め方がとても上手だったのが
決め手ですね(笑)
ー up!に対する満足度を教えてください

坂本様
クルマをこんなに好きになるのかと、自分自身とても驚いています。
最初は乗り心地も輸入車だったから不安を持っていたのですが、
運転する際もそうですし、駐車する際も危なくないところに駐車する等、
クルマとの向き合い方が変わりました。
本当に買ってよかったと思うし、なんだかup!に乗ってる私が好きだなって
思えますね。家族や周囲の友人にもいいねって言ってもらえるのが嬉しいです。

2.Volkswagen川越について

ー 数あるVolkswagen店の中から、Volkswagen川越を選んでいただいた理由を教えてください

坂本様
理由は明確で、岸田さんがいたからですね!!

VW川越/岸田
ええ!?(驚)

坂本様
数年前に娘がPoloを買って、岸田さんとのやりとりが始めった時から、
いつかは岸田さんから購入したいということを思っていたんだと思います。
実際にクルマが必要になった時に、娘と夫からのプッシュもあり、
Volkswagen川越で購入することができました。

VW川越/岸田
先ほど坂本さんからもお話いただいた通り、お嬢様のPoloの点検や車検の
ご案内はお嬢様ご本人にしていて、対応は坂本様がしてくださっていました。
その中でそういう風に感じていただけていたのは、本当に嬉しいですね。
ー Volkswagen川越に対してはどのように感じていらっしゃいますか?

坂本様
白基調でガラス張りの店内はとても爽やかだし、落ち着いた空間だなと思います。
お店全体の対応もとても良くて、例えばレセプションの女性や、他の営業の方なんかも
「今こういう対応をしてほしい」という気持ちをその都度汲み取っていただき
対応してくださるので、居心地がいいですね。
店舗全体に対し、総合的にとても満足しています。

3.担当である岸田について

ー ズバリ、担当としての岸田はいかがですか?

坂本様
正直、Volkswagenというブランドを、岸田さんという存在の後付けで考えています。
背負っている屋号ありきではなく、一営業担当者の魅力の後に屋号がついてくるという
イメージでしょうか。
それぐらい岸田さんという担当の存在が大きいと思っています(笑)
彼のいいところは、とにかく素直だということ。何か失敗した時は素直に謝ることが
できる人だし、こちらが叱った時もとにかく打たれ強い(笑)
その後、しっかりとその内容を改善してくるので、本当に素晴らしいなと。
ただ、これは岸田さんに限らずVolkswagen川越の方全体に言えることですが、
「襟を正して」仕事をされていて、皆さんとてもきちっとされていますね。

VW川越/岸田
大変恐縮です・・・・。
ー 今後の岸田に期待することを教えてください。

坂本様
人としても、仕事の部分でもさらに「糊しろ」の幅を広くしていっていただきたいと思います。
物事に対して、いろんなパターンをつかんで、いろんな方向から捉えられるようになってくれば
さらに魅力的な人になってくるだろうなと思います。
現在は岸田さんありきでのVolkswagenだと思っているので、仮に異動で別の店舗に行かれる
ことがあると、自分の次のクルマはどうしよう・・と思う反面、岸田さん個人がより会社からも
お客様からも認められる存在になると嬉しいです。
実力がより付くことで、よりその時々の運を掴みやすくなると思いますので、どんどん人としての
幅を広げてくれたらいいなと、一顧客として思っています。

4.全体を総括して

ー Volkswagen川越と、岸田に点数を付けていただくとするとそれぞれ何点ですか?

坂本様
岸田さんは90点、Volkswagen川越は88点ですね。
100点を付けると、それ以上頑張る余地がなくなってしまいますよね。
岸田さんには頑張る度合いを常に持っていて欲しいことから90点。
Volkswagen川越については、今時点で十分満足しているんですが、
岸田さん以上に益々発展していって欲しいという希望も含め、岸田さん
より少し低い88点です。

VW川越/岸田
こんないい点数を付けていただき、さらにそんな素敵な期待値まで
いただき本当にありがとうございます!!
ー 最後にお互いに対しての思いの丈をお伝えいただければと思います。

坂本様
仮に岸田さんが異動等でいなくなってしまうと寂しいですが、男性としてやはり
出世していっていただきたいという想いは同時にあります。
そんな時に背中を教えあげられる関係でありたいなって思っています。
それだけに、今の一瞬一瞬を大切にして、数年経った時に「あの頃は良かったね」
って今みたいに気軽に話ができる間柄であれば嬉しいですよね。

VW川越/岸田
今の一瞬・・・、いい言葉ですね。
私も坂本様には本当に感謝していて、こういう場で話せないような(笑)
プライベートのお話を伺ったり、逆にいろいろな相談に乗っていただいたり、
いい意味で「お客様」としての壁がないお付き合いをしていただいている、
大切な存在です。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

坂本様の思い出の場所「箭弓稲荷神社(やきゅういなりじんじゃ)」

埼玉県東松山市にある「箭弓稲荷神社(やきゅういなりじんじゃ)」は、
創建が712(和銅5)年、実に1300年以上の歴史を有する古社であり、
かつて関東一帯を治めていた武蔵国(東京・埼玉・神奈川の一部)で
最も古い稲荷神社と言われています。

箭弓稲荷神社は「やきゅう」というその読み方から、野球の関係者が
多く訪れる神社として知られ、埼玉を本拠地に活動する埼玉西武ライオンズ
をはじめプロ野球選手や野球をしている学生等が多く参拝に訪れます。

また境内には7代目市川團十郎が歌舞伎の演目で難しいとされる
狐の仕草を、当社への心願・加護を受けたことで見事に演じきったことの
記念に奉納した穴宮稲荷(通称:團十郎稲荷)があります。
そういった関係から、芸能関係者もよく訪れる神社として知られています。


今回は岸田も運転手として同行させていただくことに。
車内ではお互い終始大爆笑なほど、雑談にも花が咲いていました。


Volkswagen川越から片道約20分。目的の箭弓稲荷神社に到着。
「ここ、息子と私の思い出の場所なんです。」

高校野球をされていた息子さんがよく祈願に訪れた場所であり、
保護者会の役員として、それを見守ってきた坂本様にとっても、
とても大切な場所だそうです。


この日はなんとぼたんまつりの初日!!
開催はGW明けの5月7日までという、2週間強の貴重な時期に
来ることができてとても運がいいです!



まずは手水舎にて、手と口、そして参拝前の心を整えます。


「ここに祈願で納めるために、当時は結構なツルを折ったんですよ!」

息子さんが高校野球部に所属していた際、保護者会の皆さんで
千羽鶴をこちらに奉納するために、毎回一人あたり600羽ぐらいの
ツルを折っていたそうです。
当時はツルも折り慣れて、お手のものだったとのことですが、
母の愛情の深さを感じる素敵なエピソードですね!


こちらが拝殿です。
派手さや無駄な装飾がないことが、かえってその存在感を浮き上がらせていますね。


礼や合掌など、一つひとつの動作を非常に丁寧にされていたことが印象的でした。
今や立派な社会人になられ、野球をやっていた頃が随分久しくなっても、
きっとその頃のことを昨日のことのように大切にされていることが、とても伝わりました。


拝殿近くには絵馬掛けがあるのですが、よく見ると絵馬の形がホームベース型。
掛けられている数枚をよく見ると、野球のボールのイラストが見て取れますね。
ちなみに、この他にバッドの形をした絵馬や、バット・グローブの形をした
球技守もあります。

さすが、野球関係者が集う神社!!


多くの人が集まるおまつりだけあって、境内には出店も!


では、ぼたん園にまいりましょう!
こちらの園内は約3500㎡の敷地内に1300余株の牡丹を有し、
つつじや藤の花と合わせて、色とりどりの世界が広がります。


坂本様と並んで歩く岸田。
まるでTBSの番組『ぴったんこカンカン』にて、安住アナウンサーと
ゲストの方が並んでロケをされているような雰囲気・・笑



敷地中央あたりには色鮮やかな藤の樹が。
一般的に藤の樹は寿命が長いとされていますが、この樹は推定樹齢が
250年以上とされており、「延命(ながらえ)の藤」と名付けられ、
毎年その美しい紫の花で多くの人を楽しませています。


藤の花の下はとても甘くて優しい匂いがします。
そのせいか結構な数のハチが飛んでおり、下を通る時ちょっと怖かったです(笑)


藤の樹のある藤棚を抜けてさらに奥に行くと、これまた色鮮やかな
つつじが目に飛び込んできます。
時折立ち止まっては、花を眺める2人。



せっかくなので、他の来訪者の方々と同じようにつつじとともに撮影!!
お互い「波長が合う」というほど、ちょっとした瞬間でも雑談で盛り上がる2人。
終始笑顔なのも、それをよく物語っています。


敷地をグルっと周ると、紫雲閣という建物が。
「野球部の役員会、いつもあそこで実施してたんですよ」

子どもたちの野球部がいい結果を出せるように、千羽鶴の束を奉納し、
こちらで役員会を実施し、また次のツルを奉納するための準備をしていく。
野球部のメンバーだけでなく、こうやって親御さんも一緒に戦ってくれて
いるんだなと、自分にも当てはめて、学生時代を思いだしました。


グルっと2周ほど敷地の中を見て回り、牡丹やつつじ・藤の花を堪能しました!


ご一緒させていただきながら、ゆっくりと普段できないような会話もさせていただき
とても有意義な時間でした。
ぼたん園を出る頃はちょうどお昼過ぎの時間。時間帯のためか入った時と全く違って
とても空いていました。


坂本様、本日はありがとうございました!!
引き続きVolkswagen川越、ならびに担当の岸田共々よろしくお願いいたします!!

所在地:日本、〒355-0028 埼玉県東松山市箭弓町2丁目5−14

Volkswagen川越

<Volkswagen川越について>

最後にVolkswagen川越のご紹介です。

Volkswagen川越は、東京/埼玉/北海道でVolkswagen・Audiを軸として
数多くのブランドの正規販売代理店を運営する株式会社北海道ブブグループの
Volkswagen正規販売代理店です。
(なお、北海道ブブグループは川越を含むVolkswagen店舗6店舗の他、Audi9店舗、ベントレー、
マセラティ、アルファロメオ等の正規ディーラーをはじめ、輸入中古車店も運営する総合輸入車
販売会社です。)

<営業時間> 10:00〜19:00
<定休日>  毎週火曜日
<URL> http://www.vw-dealer.jp/top.do?dlr=vw_kawagoe/ リンクはこちらから!
<電話番号> 049-227-5533

所在地:日本、〒350-0838 埼玉県川越市宮元町62−3

まとめ

今回はいつもの川越近隣のスポットをご紹介する記事から少し主旨を変え、Volkswagen川越の実際のお客様から見る当店やクルマのことをご紹介してまいりましたが、いかがでしたでしょうか。我々も普段伺うことができないお話をたくさんいただき、お客様の大切な思い出の一片を担わせていただいているということを再認識するきっかけとなりました。クルマはただの移動手段ではなく、大切な空間でもあるためそこには様々な思い出が残ります。そんな大切な思い出になるようなおクルマを探すお手伝いを是非一緒にさせていただければ幸いです。Volkswagen車が気になるという方はもちろん、今はまだどういうクルマにしようか決めてないという方も、是非一度Volkswagen川越に遊びにきてください。スタッフ一同皆様のご来店をお待ちしております。



The following two tabs change content below.
株式会社北海道ブブが運営するVolkswagenの正規販売代理店です。 Volkswagen車の情報と、地元川越を中心としたオススメスポットをご紹介していきます。
この記事のQRコード