【Volkswagen春日部】いつでも夢はしなやかに!春日部発、Tiguanと巡る自分探しドライブ

投稿日: 
埼玉県春日部市は人が行き交う歴史を重ねてきた街です。さいたま市の北東部分と千葉県野田市に隣接する春日部市は、埼玉県内のみならず千葉県や都内にもアクセスしやすい位置にあり、近年はアニメ「クレヨンしんちゃん」の野原一家が暮らす街としても有名になりました。アニメのイメージから、少しほのぼのした印象を持つ方も多い反面、古くは縄文時代の貝塚がいくつも残る歴史ある街です。江戸時代は日光街道粕壁宿の宿場町として、ここを行き交う数え切れない人の人生を見守ってきた街でもあります。今回はそんな春日部の街を起点に、新たな自分と向き合える素敵なスポットをご紹介いたします。

【新型Tiguan(ティグアン)ってどんな車?】

<新型Tiguan(ティグアン) 動画>

<TiguanエクステリアデザイナーMarco Pavone氏によるインタビュー>

VW春日部/大津
あやさん、本日ご一緒させていただくVW春日部の大津と申します。
あやさんは、現在ダンスをメインとしたミュージカル女優さんを目指して
勉強中だと伺いました。
今回はモデルを引き受けてくださって、ありがとうございます!!

あやさん
こちらこそ、今日はこんな素敵な機会をいただきありがとうございます!
ダンスが好きで、将来はそれに関することができればいいなって思って
いるんですが、まだまだ自分の中でもしっかりと定まっていなくて・・。
もっともっと自分の表現できる幅を広げていければなって思っています。

VW春日部/大津
なるほど!!では本日はせっかくなので、あやさんの夢の後押ができる
ような近隣のスポットをご紹介させていただきます。
近隣ではありますが、せっかくですし春日部を飛び出してみましょう!

あやさん
とっても楽しみです! 今日はよろしくお願いします!!

コース地図埼玉県

コース概要(日帰り)

コース移動時間約1時間10分
コース距離27.1km
目安予算1,000円〜2,000円/人
ガソリン代 /

スポット詳細

埼玉県立近代美術館

<埼玉県立近代美術館について>

The Museum of Modern Art,Saitamaの頭文字から通称「MOMAS」と呼ばれる
埼玉県立近代美術館。

公園の中に建ち、高さを15メートルに抑えることで自然との共生を図りつつも、
その存在感を放つ外観を設計したのは、世界的にも有名な建築家である黒川紀章氏。
氏が昭和57年に設計したこのデザインのテイストは、約25年の時を経て、
六本木の国立新美術館の設計にも随所に取り入れられています。

常設展示場は地下1階、企画展示は1、2階となっており、内部中央にアトリウムを設け
天窓から自然光が入るような設計になっています。
また、観客の動線はこのアトリウムの周囲を周るような配置となっており、作品の
魅せ方を最大限考えられた造りとなっており、まさに舞台表現に近い構造です。

モネ、シャガール、ピカソなど世界的巨匠の作品から、日本の現代作家まで、
優れた美術作品を数多く所蔵するだけでなく、実際に座れるグッド・デザインの椅子など
見るだけでなく、身近にアートと触れ合える空間となっています。



美術館自体には駐車場はありません。近隣にいくつか提携パーキングがありますので、
そちらを利用しましょう。近くのパーキングに駐車して美術館へ。


美術館横のモニュメント前にて。さすが近代美術館。モニュメントも前衛的です!!



美術館のエントランスへ。このエントランスロビーの格子のデザインは、六本木の
国立新美術館にも通じる共通した思想を感じます。


中央は吹き抜けのアトリウムになっており、その脇には階段が。
階段もガラス張りで自然光が入ってくる造りとなっています。


ロビー奥には、吹き抜けを囲むようにしてグッドデザインの椅子の数々!!
珍しい椅子に実際に座ることもできます。クチビル型が印象的な椅子へ!


せっかくのアートな空間なので、写真もアートっぽく! 笑
椅子の赤がとても印象的ですね。



中央の吹き抜け部分です。光の入り方が計算された空間でとても明るいです!
地下には常設されているエジプトのオベリクス(記念碑)のようなものが見えます。


地下に行くと、オベリクスの脇に三面の壁を背にした彫刻が。
ジャコモ・マンズー作の「枢機卿」です。静かに目を閉じ、瞑想にふける枢機卿。
非常にシンプルな造形ながら、圧倒的な威厳と存在感を感じさせます。



圧倒的な存在感と言えば、その横にある「ダミアン神父像」も然りです。
舟越保武作のこの彫刻は、ハワイのハンセン病患者の救済に尽力をされた
実在の人物がモデルになっており、彫刻からもその人間愛が伝わってきます。


地下にはいくつかの常設展示室があり、そのジャンルや作風ごとにが部屋が分かれています。



今にも飛び出てきそうなほど、力強く描かれた人たち。



絵画の素晴らしさは、その世界観と融合することが出来ることですね!
背景の絵の世界観の中に入りこんだような錯覚を受けます!!


抽象的な雰囲気の部屋から、少し空想的な雰囲気の世界へ。
それぞれの世界にどっぷりと浸かることができたので、美術館の外へ!


美術館横の北浦和公園にある噴水は、定期的な時間で音楽とともに「演奏」されます。
まるでオーケストラのように、一糸乱れぬ?動きをみせる水の塊は、憩いに来られている方、
偶然通りかかった方の多くを魅了していました!



公園の噴水まで、「魅せる」を満喫していただけましたので、
次のスポットにまいりましょう!!

【開館時間】 10:00〜17:30(展示室への入場は17:00まで)
       ※資料閲覧室(3階)は、13:00〜17:30
【休館日】  月曜日(祝日または展示の日の場合は開館)
       年末年始、メンテナンス日
【入場料】  無料
【観覧料】  MOMASコレクション: 一般/200円、大学・高校生/100円
       企画展は企画展毎に定める

所在地:日本、〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区常盤9丁目9−30−1

【車の乗り心地について】

VW春日部/大津
途中、運転席も少し体験していただきましたが、Tiguanはいかがですか?

あやさん
実家の徳島ではよくクルマに乗るんですが、こんな大きいクルマは初めてです!
大きいクルマ=運転が難しいって思っていたんですが、全く逆でしたね・・笑
見晴らしもいいし、何より乗り心地が柔らかくて、運転しやすいです!!
大きいクルマって、もっとガチガチなのかなって思ってました。

VW春日部/大津
そうですね。Tiguanは見た目のデザインで惹かれる方も多いんですが、
実は乗っていただくと、いい意味でギャップがあるクルマですよね。
本当に魅せ方がうまいクルマなんです!! 笑
続いては、夢に向かって「ツキ」が手に入る素敵なスポットをご紹介します!

調神社(つきじんじゃ)

<調神社について>

地元では「つきのみや」の愛称で親しまれている、調(つき)神社。
「つき」という名前が、月と同じ音であることから、月待信仰と
結びついており、月の使いと考えられている兎が守り神となった、
全国的にも珍しい神社です。

そのため、神社を外の世界の邪気から守る役目を果たす狛犬はおらず、
その役目を兎が担っている、まさに「兎の神社」なんです。

また「調(つき)」とは元々、「調(みつぎ)物」を意味していたため、
かつての武蔵国の調はここに集められていました。
そんな調物を搬入・搬出の邪魔にならないようにと、神社には当たり前の
ようにある「鳥居」もありません。
そして、その他にも神社によくある松の木がない、ハエも蚊もいないという
7不思議として数えられる不思議をたくさんもった、凄い神社です。

「調(つき)」の名も、いつしか勝負事の「ツキ」に縁のあるパワースポット
としても知られるようになり、地元浦和レッズは毎年新年にこの神社に
必勝祈願で参拝をしています。
(浦和レッズの強さからも、チーム自体の実力に加え、この神社の御利益の
高さがよくわかります!)


いつもは混み合う人気の神社ですが、平日の昼下がりで境内の駐車場も、
私達のTiguanのみ。人も2〜3人のみで非常に空いていました。



神社の入り口です。兎の像が出迎えてくれるのと、写真の通り鳥居がありません。


住宅街の一角なのに、街の喧騒はきれいに遮断されたような非常に静かな場所です。


鳥居にあたる入り口にて一礼。不思議なもので鳥居があってもなくても、
この中と外だと空気感が変わるので、神社という場の力は凄いなと実感します!


手水舎です。埼玉県内はじめ、有名な神社は龍を模られたものが多いように思いますが、
ここは手水舎も兎です。兎の口からお水が出て来る姿はなかなか愛くるしくもあります。


兎と向き合い、参拝前の手と心を清めます。



いざ境内へ。境内はざっと見渡せるぐらいのこじんまりとした規模ですが、
とてもいい気が流れているのがわかる雰囲気です。



二礼二拍手一礼し、神様へのご挨拶。
神社ではまず「ご自身の住所」、「お名前」、「参拝に伺えたことに対する感謝」を述べて、
その後にお願いをするといいそうです。


無事、いい「ツキ」を身につけられたみたいですね。とてもいい表情です!!
では春日部に戻って、お昼ごはんにしましょう!!

所在地:日本、〒330-0064 埼玉県さいたま市浦和区岸町3丁目3−17−25

カフェイチカ


少し遅めのお昼ごはんは、春日部市内でも人気のカフェ「カフェ イチカ」へ。
脇の小道から登場していますが(笑)、駐車場はお店の道を挟んだ向かいに3台分あります。


クルマを停めて、お店へ。



入り口からしてとてもオシャレな外観です。明るい水色のトビラは、
晴れた日の心をさらにウキウキとさせてくれます!!


店内は小さいながら、とても落ち着く素敵な空間です。


あやさん、やはりダンスをされているだけあって、食べることは大好きだそうで
メニューをじっくり眺めて、何を選ぶかいろいろと吟味されていました。



見ていて幸せになるぐらい、美味しそうに食べる姿はとても素敵です!!


撮影にご協力いただいた、カフェイチカの関係者様ありがとうございました!!

【営業時間】10:00〜19:00(LO 18:30)
      朝食営業、ランチ営業、日曜日営業
【定休日】 なし
【電話番号】048-812-7315
【駐車場】 道を挟んだ向かいに3台分あり

所在地:日本、〒344-0058 埼玉県春日部市栄町1丁目339−6

【一日を振り返って】

VW春日部/大津
本日は一日お疲れ様でした! 1日Tiguanを体験していただいていかがでしたか?
あやさん
不思議な表現になってしまいますが、「行きたいところに連れて行ってくれるクルマ」
だって感じました。このクルマ自体の安心感もそうなんですけど、ドライブしていて
こんなに楽しいっていうことが初めてで。これ1台で本当にどこでも行けるんだなって。
個人的には、魅せ方の勉強になったり、ツキをいただくこともできて、今日一日
自分の夢の後押しをしていただけて本当に嬉しかったです!

VW春日部/大津
本当は春日部市内のオススメスポットをご紹介する予定だったので・・笑、
そう言っていただけると、ご紹介した甲斐がありました!!
目標とされている夢が叶ったら、是非また遊びに来てくださいね!!
その時を楽しみにしています。本日は本当にありがとうございました!

あやさん
こちらこそ、本当にありがとうございました!!
その時は必ずご報告に伺いますね!

Volkswagen春日部

<Volkswagen春日部について>

以下、Volkswagen春日部のご紹介をしたいと思います。

Volkswagen春日部は、東京/埼玉/北海道でVolkswagen・Audiを軸として
数多くのブランドの正規販売代理店を運営する株式会社北海道ブブグループ、株式会社MIDの
Volkswagen正規販売代理店です。
(なお、北海道ブブグループは春日部を含むVolkswagen店舗6店舗の他、Audi9店舗、ベントレー、
マセラティ、アルファロメオ等の正規ディーラーをはじめ、輸入中古車店も運営する総合輸入車
販売会社です。)

<営業時間> 10:00〜19:00
<定休日>  毎週火曜日
<URL> http://www.vw-dealer.jp/top.do?dlr=vw_kasukabe/ リンクはこちらから!
<電話番号> 048-765-8811

所在地:日本、〒344-0041 埼玉県春日部市増富310−1

【Tiguan(ティグアン)について】

<主要諸元>
全長 × 全幅 × 全高(mm)  4,500 × 1,840 × 1,675
(※R-LINEのみ、全幅が1,860)
ホイールベース 2,675mm
定員 5名
エンジン 1.4リッター直列4気筒DOHCインタークーラー付ターボ(4バルブ)
最高出力 150ps
JC08モード燃費 16.3km/L
トランスミッション 6速DSG

【Tiguan(ティグアン)の気になる価格について】

●TSI Comfortline  ¥3,600,000
●TSI Highline   ¥4,332,000
●TSI R-Line     ¥4,632,000

まとめ

今回はVW春日部近辺からさいたま市にかけての、自分自身と向き合える素敵なスポットをご紹介してまいりましたが、いかがでしたでしたか?今回撮影を通じて、昔自分が思い描いていた夢って何だったかなと、ふと考える機会がありました。皆さんは過去ご自身が目標や夢にしていたことを覚えていますか?夢はいつでも、いつまででも思い描くことができるのに、日々の忙しさにかまけて、忘れていたりしませんか?
2005年に大ヒットしたTVドラマ「花より男子」にて、佐田真由美さん演じる藤堂静(道明寺司のお姉さん)が、主人公の牧野つくしに、こんなことを言っていました。「いい靴をはいていると、その靴がいい場所へ連れて行ってくれる」と。服装でも言われることですが、少し背伸びしてもきちんとした身なりをしていることで、その身なりに見合う自分になっていくという意味だと思いますが、靴や服装を良くするだけでは決してなりたい自分にはなれません。夢に向かって1歩を踏み出すこと、それこそが夢を掴むために一番大切なことだと改めて感じました。
クルマはそんな方にとって、素敵な靴になってくれる存在です。きっと自分が探している場所、求めているところへ連れて行ってくれるはずです。
Tiguanはじめ、VW車は体験していただければだれもが感じる「いい靴」だと自信を持ってオススメできます。
もしVW車にご興味を持っていただけたら、一度VW春日部に遊びに来て下さい。スタッフ一同素敵な試乗スポットとともに、お待ちしております。
資料請求はこちら






The following two tabs change content below.
株式会社北海道ブブグループ、株式会社MIDが運営するVolkswagenの正規販売代理店です。Volkswagen車の情報と、地元春日部を中心としたオススメスポットをご紹介していきます。
この記事のQRコード