【夜の都会に浸るなら】秋の夜長に一人ドライブで行きたい、横浜の色気のある夜景スポット

投稿日: 
港町横浜は、関東はもちろん日本でも屈指の色気ある夜景の名所です。
高い利便性とステータスを兼ね備えたこの街は、住民の方の満足度も非常に高く、またお出かけ先の目的地としても大人気の街であることは言うまでもありません。家族連れでもカップルでも一日中楽しめる懐の深い街であり、特に夜景はカップルに向けた特集が組まれるぐらいの素敵な景色を楽しめるスポットがたくさんあります。
が、今回の目的は「一人ドライブ」です。「失恋した」「秋は人肌恋しい」「こんな色気のある夜景を見に、クルマに乗ってこれている自分って、かっこいい大人だな〜」などなど、なんとなく一人で浸りたいこともあるのではないでしょうか。
そんな「一人ドライブ」は、基本的にクルマから降りず、クルマの中からボーッと夜景を眺めてみるのがオススメです!
今回はそんな一人ドライブに適した、横浜の王道の色気のある夜景スポットをご紹介いたします!!

コース地図神奈川県 横浜市中区)

コース概要(日帰り)

コース移動時間約10分
コース距離1.7km
目安予算〜1,000円/人
ガソリン代 /

スポット詳細

赤レンガ倉庫


秋のこの時期は、「オクトーバーフェス」という大きなイベントも実施されています。


雨上がりの赤レンガ倉庫。この雨上がりの感じが一人ドライブにより浸らせてくれます!

赤レンガ倉庫は、全国的な知名度を誇る横浜有数の大人気スポットです。
ここは、明治・大正のレンガ造りの建物が、西洋の趣と港町に絶妙にマッチした
存在感をはなっています。

建物は1号館と2号館に分かれ、50店舗以上の飲食や物販のお店が軒を連ねる
ショッピングモールであり(2号館)、演劇やコンサート、ダンスなどの公演も
楽しめるホールや多目的スペースも備えている(1号館)ことから、家族連れから
デートまで様々な楽しみ方ができます。

またイベント広場では上の写真の横浜オクトーバーフェスを始め、季節ごとに
様々なイベントが開催されており、いつ来ても楽しめます!!

夜は赤レンガ倉庫全体がオレンジ色にライトアップされ、とても色気のある雰囲気に
なります!!!

【開館時間】1号館 10:00〜19:00  2号館 10:00〜20:00
      (カフェ・レストランは一部23:00まで営業)
【休館日】 施設点検日(年1回)
【電話番号】045-211-1515

所在地:日本、〒231-0001 神奈川県横浜市中区新港一丁目1

横浜三塔

takujiさん(@tkj_t)がシェアした投稿


横浜港大さん橋の「くじらの背中」にある横浜三塔のイラスト
king(神奈川県庁)、Queen(横浜税関)、Jack(横浜市開港記念会館)がとてもスタイリッシュに
描かれています。

Sakuさん(@takusaku114)がシェアした投稿


ピンク色のライトアップ!!


キングの塔(神奈川県庁)のライトアップ!!


クイーンの塔(横浜税関)のライトアップ!!


ジャックの塔(横浜市開港記念会館)のライトアップ!!

雅さん(@miyabi.misery)がシェアした投稿

横浜は庁舎等公共の建物も歴史ある建造物がたくさんあります。
その中でも、神奈川県庁庁舎、横浜税関、横浜市開港記念会館の3棟は
通称「横浜三塔」として、夜景の名所として多くのファンを集めています。

県で初めて国登録有形文化財となった、神奈川県庁は五重塔をイメージして
昭和3年に建てられ、現在は通称「キングの塔」と呼ばれています。

関東大震災で倒壊後、昭和7年に第22代税関長に就任した金子隆三氏の
「日本の表玄関たる国際港横浜の税関の庁舎は高くすべき」との意向から
当時最も高かった神奈川県庁(49メートル)の高さを超える51メートルの
高さで昭和9年に建てられた、横浜税関。
ロマネスクなどの西洋建築様式を取り入れ、イスラム寺院風の緑青色の
ドームを備えたエキゾチックな建物は、現在は「クイーンの塔」として
知られています。

大正6年一般の懸賞公募による設計・市民の寄付金による建造で、
横浜開港50周年を記念して建てられた時計塔が目印の、横浜市開港記念会館。
現在は通称「ジャックの塔」と呼ばれています。

これら横浜三塔は通常のライトアップに加え、ビンクリボン活動による
ピンク色のライトアップ、アルツハイマーデイでのオレンジのライトアップなど
時期によっても様々な色気を見せてくれるスポットです。

所在地:日本、〒231-0002 神奈川県横浜市中区海岸通1丁目1

山下公園

momoさん(@tkmomo1224)がシェアした投稿

昭和5年に開園した山下公園は、横浜を代表する公園です。
ランドマークタワーや観覧車など、横浜を象徴するほぼ全てがここから見えると言っても
過言でないほど、横浜港からの眺望や、イルミネーションが施された氷川丸、様々な
記念碑まで様々な景色を楽しませてくれます。
それだけに、ここから見る夜景は本当に絶景!!

それもそのはず、ここ山下公園は「日本夜景遺産」にも選定されているほどの、
美しい夜景を誇る名所でもあります!!
まさに、都会の大人の夜景を満喫することができます。

所在地:日本、〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町279

横浜マリンタワー


本来はクルマから降りないというつもりでしたが、最後は横浜の景色を一望できる
こちらのタワーに上ってみるのもいいかと思います。
この季節は、一人で景色を眺めるといろいろ考えたり、昔のことを思い出したりして
切ないながら、自分を振り返るいい時間になると思います!!


やはり、高いところから見渡す横浜の景色は美しいですね!!!

横浜開港100周年を記念して1961年に建設された横浜のシンボルの一つである
横浜マリンタワー。
高さ106メートルは、当時日本で最も高い灯台として、横浜の港を見守ってきました。
平成元年より照明の点灯を始め、2009年にリニューアル。
360度横浜の絶景が見渡せる夜景を眺めるスポットとしてはもちろん、マリンタワー
自身もシルバーを基調として、赤・青・紫と色彩が美しく変化する様は、タワー自身も
横浜の絶景を支える美しい景観の一つとなっています。

山下公園と同様、こちらも日本夜景遺産に選定されている名スポットです。

【開館時間】 10:00〜22:30(最終入場 22:00)
【休館日】  不定休
【電話番号】 045-664-1100

所在地:日本、〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町15

ドライブ中にオススメの音楽

Fantastic Plastic Machine (FPM) 「City Lights」

Sting 「Englishman in NEW YORK」

まとめ

いかがでしたでしょうか?夜景は恋人や大切な人と楽しむのも素敵ですが、一人でクルマを走らせ、ボーッと眺めるのも最高です。失恋をしてしまった時、ふとカレンダーを見た時に昔の恋人との記念日だったことを思い出して、センチメンタルな気持ちになった時はもちろん、日々に満足している方でも、ご自身と向き合う時間を作ることはとても大切だと思います。
そんな時に横浜の色気のある景色は最適だと思います。週末の金曜日や土曜日の夜にクルマに乗って横浜の夜景を見に行ってみるのはいかがでしょうか。



この記事のQRコード