【ボルボ・カー水戸】V40で巡る、歴史とアートが交錯する街「水戸」

投稿日: 
茨城県の水戸は、かつて265年間続いた江戸幕府を支える「徳川御三家」の一つに数えられる名門の藩でした。2人の将軍を輩出した紀州徳川家や、紀州と常に競い合っていた尾張徳川家とは異なり、「水戸からは将軍は出さない」とされていたと言われ、お家騒動とは比較的距離を置いた藩でした。そのため歴代当主は当時としては比較的長命であり、水戸黄門で知られる徳川光圀公や今回伺った偕楽園の造成者である徳川斉昭公など、水戸の豊かな文化を醸成する名君が数多く生まれた土地でもあります。
一方近年はアートの街としても知られ、長い歴史や豊かな文化の上に立脚した、新しい空気が漂う街としても知られています。
今回はそんな歴史とアートが交錯する水戸の街を、ボルボV40とともに巡ってまいります。

【VOLVO V40ってどんな車?】

<VOLVO V40 動画>

VC水戸/大塚
静さん、本日ご一緒させていただくボルボ・カー水戸の大塚と申します。
静さんは、「しつけをしない子育てコーチ」として、子育てに悩むママに
子育てについてお伝えされている一方、ご自身も4人のお子さまを育てる
ママでいらっしゃるんですね。

静さん
ありがとうございます。私自身が就職して早々に結婚・出産し、双子も合わせて
気づけば4人の母親になる過程で悩んだこと、もっとこうしておけば良かった
経験を、多くのママにお伝えする仕事をしています。
子供との向き合い方が変われば、家庭内の問題の8割は解決しますしね 笑

VC水戸/大塚
確かにそうですね!!本日体験していただくV40は、静さんのようなママさん始め
ボルボのラインナップの中でも、女性からの圧倒的指示をいただいているクルマです。
本日は是非女性目線から、V40の魅力を体験していただければと思います!

静さん
とっても楽しみです! 今日はよろしくお願いします!!

コース地図茨城県 水戸市)

コース概要(日帰り)

コース移動時間約30分
コース距離10.2km
目安予算2,000円〜3,000円/人
ガソリン代 /

スポット詳細

偕楽園

偕楽園(かいらくえん)は、金沢の兼六園、岡山の後楽園とともに日本三名園のひとつに数えられます。
元々は、天保13年(1842年)7月に、水戸藩第9代藩主である徳川斉昭公が、領民の休養の場として
開園したことが始まりです。
その表れから、偕楽園という名は「衆と偕(とも)に楽しむ園」から来ていると言われています。

その面積は実に東京ドーム約64個分となる、約300ヘクタール!!都市公園としては、ニューヨークの
セントラルパークに次いで世界第2位という圧倒的な面積を誇ります。

また、園内は約100種3,000本の梅の木を始め、桜やつつじ、桜やつつじ、萩や二季咲桜など
四季折々様々な表情を見ることができますが、この四季やエリアによって巧みに「陰」と「陽」の
世界観を表現して作られたとも言われています。

是非一度ならず、季節ごとに何度となく訪れたい、水戸が世界に誇る名所の一つです。


偕楽園本来の入口である表門。門の壁が黒いことから、通称「黒門」とも呼ばれています。
ここから先は、「陰」が表現された幽玄な世界が広がります!



表門から入ってすぐに孟宗竹林が続き、まさに「陰」の世界を見事に表現しています。


孟宗竹林の幽玄な世界を抜けると、一面森が続きます。こちらは「陰」から「陽」への移り変わりの
ような、とても心地の良い空間です!!
このまま園内の中ほどにある建物、「好文亭」に向かいます!


好文亭手前で入場券を購入すると、建物の入口までガイドさんが付いてくださり、背景や歴史に
ついて、いろいろと教えてくださいます。



好文亭の廊下にて。木の味わいと緑が調和してとても素敵な空間です!!!


廊下をぐるりと周ると、素敵な中庭に!!この日も庭師の方が丁寧に庭を整えていらっしゃいました。


漆塗りの板の間へ。偶然誰もいらっしゃらない時間帯だったため、広い空間を贅沢に使って
撮影させていただきました!


縁側?でちょっと日向ぼっこ!空間もお庭もとても素敵なので、静かな時間が流れる
とても贅沢な時間でした!!



急な階段を登って、好文亭の上階へ。中心の和室の周囲をぐるりと廊下が囲む形になっており、
眼前に広がる美しい庭園や、見晴らしのいい景色とともに、涼しい風が心地よい場所です!


好文亭の外は、この時期はとても緑がキレイですが、中でも芝が本当に生き生きしており
芝の中に入っていくと、思わずピクニックに来たような気分になります!!


思わず寝転んでも、緑がキレイでとても素敵です!


帰りは東門から出ました! 東門の前には偕楽園の園内地図の掲示板があり、
園内を出る時に始めて、偕楽園全体像を知ることができました・・笑


偕楽園の東門と隣接するところに、水戸黄門で有名な、かの水戸光圀公を祀る常磐神社が
あります。駐車場のところに鳥居がありましたので、一緒に撮影させていただきました!!
歴史ある鳥居ともとてもマッチしていますね!!

では、続いての場所に向かいましょう!!

【開園時間】偕楽園本園 6:00〜19:00(10月1日〜2月19日までは18:00まで)
      偕楽園本園を除く区域:24時間
【好文亭開館時間】 9:00〜17:00(10月1日〜2月19日までは16:30まで)
【好文亭入館料】 大人:200円 小人:100円
【駐車場】 偕楽園・桜川第一〜第三駐車場、常磐神社駐車場含め約1,000台駐車可能
      (普通車の場合、偕楽園駐車場は500円、常磐神社駐車場は300円/時)
【電話番号】029-244-5454

所在地:日本、〒310-0033 茨城県水戸市常磐町1丁目

【車の乗り心地について】

VC水戸/大塚
運転席・助手席と両方体験していただきましたが、V40はいかがですか?

静さん
ボルボを運転させていただくのは今回が初めてだったのですが、走り出してすぐの
安定感が今まで乗ったクルマとは比較にならないぐらいで、びっくりしました!
あとはレザーシートの雰囲気とかがとっても色気があって、こんなクルマでデート
してみたいなと・・笑

VC水戸/大塚
ありがとうございます!笑 ボルボは創業以来、世界最高水準の安全性を追求している
ブランドなので、その安全性の高い車体設計からくる安定性は本当に凄いです!
でも近年海外のランキングでは「スポーティーなブランド」としても認識されるように
なってきているので、走りの楽しさも味わえるようになってきています。
もちろん北欧デザインならではの、居住空間も魅力です!!
では、続いてのスポットにまいりましょう!

水戸芸術館

水戸芸術館は、1990年3月に水戸市の市制100周年を記念して建てられた、美術館・コンサートホール・
劇場からなる現代芸術の複合施設です。
現在は二代目の館長として、世界的な指揮者として知られる小澤征爾氏が就任しています。

また、市街中心地に位置することから市内のどこからでも見ることができる、通称水戸タワーと呼ばれる
アートタワーがかなりの存在感と異彩を放っていることでも知られるスポットです。
こちらも市制100周年を記念して建てられたことから、高さ100メートル、地上86.4メートルの高さの
展望台からは水戸市内を一望することができます。
建設当時賛否を巻き起こしたこの独特な形状は、DNAのらせん形状を模したものとなっています。

タワー建設当時は運輸省航空局より、高さ60メートルを超えるものは飛行物が衝突しないように
赤白に塗り分けるか、点滅灯をつけるよう指導されるが、「その措置をとらなくても目立つ」と
説得をしたという逸話が残っているほど、本当に目立つタワーです!


水戸芸術館に到着!!緑がとても素敵な、写真で見る以上に広々とした空間が広がっています。
散歩されている方が意外に多かったことがとても印象的です。


右に目を向けると、高さ100メートルのアートタワーが!高すぎて写真に入り切らないですが
下側を少し見ただけでも、このタワーの前衛的で特徴的な形状をご理解いただけるかと思います。
今回のドライブ中、どこを走っていても常にこのタワーが見えているというほど、今や水戸の
シンボルとなっているタワーです。


建物に近づくと、噴水のところで水遊びするお子さんがたくさん!!
家族で気軽に来れる公園のような役割も果たしている建物なんですね。


建物入口のロゴの前にて!なんだか壁が汚れているように見えますが、こういう模様のタイルですね 笑


館内をぐるっと周るはずが、なんとこの日は偶然にも美術館、コンサート、劇場ともに夏休みの
催事の入れ替えのタイミングのようで、何も開催されていないという事実が発覚!!!
さてどうしたものか・・・という、ちょっとしたオフショット 笑
なのに、なんだかとても絵になっています!!



入口外の脇にある階段を上ると、印象的な植物のツルを伸ばすための紐が連なる場所へ。
ここ、結構実際に来ると結構フォトジェニックな、インスタグラム映えするような場所でした!


「本日催事はやっていないですが、アートタワーには上っていただけます」と館内で紹介
いただいたので、アートタワーへ上ることに。ちょっとドキドキ!!


高いタワーだけあって、土台の部分もしっかりとしています!
この写真の向かって右側に向かって、建物に沿って歩いていくと、タワーの入口に着きます。


建物の1階部分は非常にせまく、中央に4〜5人ぐらい乗れるエレベーターを囲んで
アートタワーのレプリカ等が展示されているスペースになります。
この写真でそのスペースの4分の1ぐらい。左奥の券売機でチケットを購入すると
タワーを上るエレベーターに乗れます。


建設当時の写真とアートタワーのレプリカです。
レプリカで見ても、凄い存在感のデザインです!よくこのデザインでOKが出たものだと、
改めて当時の市長を始めとした関係者の英断に尊敬の念を抱きました。


エレベーターを上って、86.4メートル部分の展望台へ!
実際に行っていただくとわかりますが、全国の多くのタワーにあるような「展望台」とは
全く違う、無数の丸い穴がある、宇宙船のような空間に、衝撃を受けます!!
しかもスペースもかなり狭く、恐らく20人も入れば一杯になるほど。



ここが緑の多い芸術館ということを忘れるほど、宇宙船のような凄い空間です!
写真撮影するだけでプロモーションビデオのような雰囲気になるので、インスタグラムなど
写真映えするところが大好きな方にはオススメです!



大小様々な窓があるのですが、この窓からは水戸市内が本当によく見えます!


数分いると、柱の向きや建物の傾きのためか、平行感覚が少々おかしくなります・・・。
(実際敏感な方の中には、数分いると酔ってしまう方もいらっしゃるようです)
ちなみにこの写真も地面と平行に撮影してますが・・・、見ているとなんか不思議な感覚に・・。


天望台も満喫できたので、1階へ。最後は夜景の写真とレプリカを。
夜もとてもキレイなので、是非別の機会で改めて来てみたいと思います!!

【開館時間】 9:30〜18:00(催事により延長する場合あり)
【休館日】  毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は火曜日)・年末年始
【料金】   ●現代美術ギャラリー(通常の企画展)
        一般:800円(前売り600円) 中学生以下:無料
       ●アートタワー
        大人:200円 小中学生:100円 水戸市内居住の65歳以上:無料
       ※その他のイベントについてはイベント毎のチケット販売となります。
       ●館内見学ツアー
        大人:500円 小中学生:400円
【駐車場】  30分まで無料、1時間まで200円、以降30分ごとに100円
       (営業時間 7:00〜23:00 / 無休)

所在地:日本、〒310-0063 茨城県水戸市五軒町1丁目6−8

cafe RIN

水戸市内の中心部、京成百貨店からもすぐの古いビルに目的のオシャレカフェ「cafe RIN」
があります。市内中心部にありながら、古いビルを利用したレトロな雰囲気が特徴のカフェです。
店内の机や椅子はリサイクルしたものを使用しているため、机も椅子もバラバラなのですが、
なぜか全体として絶妙なバランスがとれている、素敵なお店です。

カフェとしてだけでなく、ランチなどメニューも豊富でお値段も手頃であること、
何より非常に落ち着く空間であるため、市内でも大人気のちょっとした隠れ家カフェです。


建物の入口に看板があります。ただし意外に注意して見ていないと通り過ぎてしまう可能性も
あるので、この看板を目印にお店を探して下さいね。


2階への階段は閉ざされており、1階のcafe RINのみ営業しているようです。
階段脇の奥に通じる長い通路を恐る恐る進みます・・・・。


通路の先のさらに奥、「こんなところまで入って大丈夫?」という雰囲気のその先に
目的の「cafe RIN」があります。このトビラの先は、一瞬入ってはいけない場所のような
雰囲気がありますがご安心ください。


キッチンです。遠く離れた実家を思い出すような、ちょっと懐かしい雰囲気を感じさせます。




テーブル席を見てみると、なんとも言えないレトロポップな雰囲気。
テーブルも席もバラバラだし、よく見ると足踏みミシンがテーブルになっていたり・・・笑
にもかかわらず、なんとも調和のとれた素敵なお店です!


運良く、こちらにお邪魔したタイミングは他のお客様がいらっしゃらない時間帯だったため、
この素敵な空間を独り占めしながら、十二分に満喫することができました!!


セットのサラダを食べている静さん。非常に美味しいサラダでした!!


ガパオライス。これ美味しかったな〜!!!こんなカフェめしを自宅でも作れたら良いなと
思いながら、堪能させていただきました 笑


メニュー名は忘れてしまいましたが・・・、静さんが注文されたお料理です。
これ、本当に美味しかったそうで、見た目も含めて是非次回は食べてみたいなと思います!


料理だけでなく、この素敵な雰囲気や空間も非常に心地よいカフェです。
撮影にご協力いただいた、cafe RINのスタッフの皆様、ありがとうございました!!

【営業時間】 (月)11:30〜15:00 (火〜日)11:30〜21:00
【定休日】  不定休(たまに月曜日定休)
【電話番号】 029-225-8487

所在地:日本、〒310-0026 茨城県水戸市泉町2丁目2−37

【一日を振り返って】

VC水戸/大塚
本日は一日お疲れ様でした! 1日V40を体験していただいていかがでしたか?
静さん
我が家は子供が多いので、クルマ選びは大きいミニバンとかなのかなって思って
いたんですが、3人の娘はそれぞれ「私だけを見て!」っていう年頃なので、
それぞれの娘と2人きりで出かける機会って案外多いんです。
私も昔、母と2人でクルマの中で会話した思い出ってずっと残っていて、娘たち
にもそういう思い出を、こういう素敵なクルマで作ってあげたいなと思いました。

VC水戸/大塚
ありがとうございます!確かにV40はボルボのラインナップの中では、一番小さい
車種になるので、頻繁にご家族でお出かけされるという場合は適さない場合もある
かと思いますが、そういった使い方であればフル活用していただけると思います!
もちろんミニバンも便利で素敵なクルマですが、ご家族だからこそ、安全性が高く、
一緒の時間を共有する上で魅力的な空間のクルマはオススメですね。

静さん
そうですよね。V40が女性の方に人気な理由が内外装見てもよく理解できました!!
でも、独身やご夫婦だけの世帯ではなく、私のようなママにも是非乗っていただきたい
クルマなんだと思います。何より私が乗りたくなりました!!
今日は本当にありがとうございました!

ボルボ・カー水戸

< ボルボ・カー水戸について>

以下、ボルボ・カー水戸のご紹介をしたいと思います。

ボルボ・カー水戸は、東京/茨城/埼玉でボルボ、フォルクスワーゲン、JEEPの
正規販売代理店を運営するKATOUグループのボルボ正規販売代理店です。
(なお、ボルボは関東6店舗と国内でも最大規模の拠点数を誇る輸入車の総合輸入車
販売会社です)

<営業時間> 9:00〜19:00
<定休日>  毎週水曜日
<URL> http://www.vc-mito.comリンクはこちらから!
<電話番号> 029-239-555

所在地:日本、〒311-4143 茨城県水戸市大塚町1500−2

【ボルボV40について】

<主要諸元>
全長 × 全幅 × 全高(mm)  4,370 × 1,800 × 1,440
ホイールベース 2,645mm
定員 5名
エンジン T2・T3シリーズ:1,497cc 水冷直列4気筒DOHC16バルブ(ターボチャージ/ガソリン)
     D4シリーズ:1,968cc 水冷直列4気筒DOHC16バルブ(ターボチャージ/ディーゼル)
     T5 :1,968cc 水冷直列4気筒DOHC16バルブ(ターボチャージ/ガソリン)  
最高出力 T2 : 122ps,T3シリーズ:152ps,D4シリーズ:190ps,T5 R-DESIGN:245ps
JC08モード燃費 T2 : 17.1km/リットル
       T3シリーズ : 16.5km/リットル
         D4シリーズ : 20.0km/リットル
         T5 : 15.9km/リットル  
トランスミッション T2・T3シリーズ : 電子制御前進6速A/T ギアトロニック
          D4シリーズ、T5 : 電子制御前進8速A/T ギアトロニック

【ボルボV40の気になる価格について】

【T2】
●Kinetic ¥2,990,000(税込み)

【T3】
●Kinetic ¥3,390,000(税込み)
●Momentum ¥3,840,000(税込み)
●Inscription  ¥4,140,000(税込み)

【D4】
●Kinetic ¥3,640,000(税込み)
●Momentum ¥4,090,000(税込み)
●Inscription  ¥4,390,000(税込み)

【T5】
●R-Design ¥4,550,000(税込み)

まとめ

今回はボルボ・カー水戸近辺の水戸のオススメスポットをご紹介してまいりましたが、いかがでしたか?最近若者のクルマ離れが話題になって久しいですが、それはクルマが嫌いになったからというよりも、クルマの楽しさを知らないからでないのかなと感じています。
都心などでは維持費等の事情から、クルマを所有できない方も多いかと思いますが、そんな方でも子供の頃にご家族とクルマでどこかに行った思い出や、そこでの会話というものは今でも覚えていらっしゃるのではないでしょうか。
ライフスタイルにおいてクルマを所有することも、しないこともそれは個々人の自由です。ただ、クルマに乗らない世代が増えてくると、そのお子さまには「家族とクルマに乗って出かけた」とか「小さい頃、親とクルマの中でこんな話をした」という思い出を作ってあげることもできなくなってしまいます。クルマを知らずに育った子供は、もちろん大きくなってクルマに乗るという選択肢をしなくなるのでは・・。そんな懸念もあります。
ボルボは世界最高水準の安全性や、その乗り心地だけではなく、その空間を大切にしているブランドです。きっとご家族の中にずっとずっと残る素敵な思い出を残してくれるクルマになってくれると思います。
もしボルボ車にご興味を持っていただけたら、一度ボルボ・カー水戸に遊びに来て下さい。スタッフ一同心よりお待ちしております。
ボルボ・カー水戸では今後も地元水戸の素敵なスポットをご紹介してまいります!
資料請求はこちら






The following two tabs change content below.
加藤石油株式会社が運営する、ボルボの正規販売代理店です。ボルボ車の情報と、地元水戸を中心としたオススメスポットをご紹介していきます。
この記事のQRコード