タイムトリップ!江戸から平成を支えた産業跡地“佐渡金山”を巡るプラン

投稿日: 
新潟県の西側に浮かぶ、日本最大の離島『佐渡島』にある歴史ロマンあふれる場所。
こちらも日本最大の金銀山がある“佐渡金山”にスポットを当ててみました。
創業停止はそれほど古くなく、平成元年まで採掘され続けていました。
江戸時代から平成に至るまで日本を支えてきた遺跡巡りをしてみることにしましょう!

コース地図新潟県 佐渡市)

コース概要(日帰り)

コース移動時間約10分
コース距離.0km
目安予算2,000円〜3,000円/人
ガソリン代 /

スポット詳細

佐渡金山

■スポットについて

佐渡金山跡は、1601年に開山された相川金銀山は江戸時代徳川幕府の財政を支えた一大産業です。
金の産出地としての歴史は11世紀と古く、今昔物語にも記されています。
採掘された金と銀は合わせて約2400tと日本最大級の量と言われています。
現在は金の値段と労働賃金が合わず、採算が取れなくなり採掘を中止して観光施設となりました。
国の史跡に指定されており、現在は世界遺産になる為に観光地として力を入れています。

北沢浮遊選鉱場跡

@ash.ash.aがシェアした投稿

メディアで多く取り上げられるほか、廃墟が好きな方やラピュタが好きな方にも人気のスポット。
近代遺跡の象徴「東洋一の浮遊選鉱場」と呼ばれている場所です。

鉱山近代化する為に貢献したとされる、発電所やシックナーなどお施設がたくさんあります。
世界で初めて“浮遊選鉱法を金銀の採取に応用”し実用化に成功したとされています。
幻想的な雰囲気と、歴史トリップしたような不思議なパワーが私たちを包んでくれます。
また観光シーズンの時期には、ライトアップされ昼間とは違った景色を見ることができます。

宗太夫坑

江戸時代の採掘場が人形を使い再現されている“宗太夫坑”。
動いたりしゃべったりと、当時働いていた人たちを近くに感じることができます。
約300m、70体の人形が設置されているので見逃さないようにしましょう。

こちらには有名なセリフを言う人形がいるそうです。
『馴染みの女に会いてぇなぁ』と話す人形が居るので、聞き逃さないようにして下さいね。
好きな人を糧に仕事に励むのは、いつの時代も変わらないものですね。

順路通り進むと、坑道の次は資料館へと続きます。
金山での仕事の様子から小判を製造する過程などを資料で見ることができます。
先述した通り、江戸時代から平成に至るまでの道遊坑道の移り変わりもチェックしてください。

大立竪坑

日本最古の“西洋式堅坑”はドイツ人技師が手掛けた地下エレベーターです。
佐渡金山の近代化のシンボルとして、垂直運行坑道は採掘の一端を担っていました。
馬力から蒸気機関へ、電動機と変換し平成元年の操業停止まで動いていた場所です。

今では当たり前になったエレベーターですが、平成の今まで稼働していたなんてすごいですよね。
赤い鉄鋼が印象的で、佐渡金山をずっと見守って来たんだと思うとロマンを感じずには居られない場所です。
人の手で作り上げたものって、同時の人たちの思いまでもが蘇ってくるので素敵です。

金山茶屋

@momo_zohhがシェアした投稿

金粉入り岩のりがトッピングされた人気のラーメン 700円

金山・緑・海をイメージしたそば 800円

観光地ですから…佐渡の美味しいものを使った食事も楽しむことができます。
金山なので、最後のアクセントに金粉をまとったメニューが多くあります。
季節によりメニューが異なるので、時期を変えて行ってみるのもオススメです。

4人以上で行く方にはグループ向けのメニューもあります。
金山御膳 1500円・海鮮丼 1200円・天ぷら定食 1200円・刺身定食 1200円。
新鮮な海産物や地の食材が使用されているので、旅の美味しい思い出に良いですね。
こちらは要予約となりますので、事前予約を忘れないようにして下さい。

金山カレー 700円

佐渡金山のシンボルである“道遊の割戸”をイメージしたカレーも絶品!
SNSでアップする時には、本物の割戸比較して載せてみてはいかがでしょうか?

ご飯で割戸が表現されてますね!


コメント5:金粉ソフトクリーム 350円

食べ物ばかりであれなんですけど…たくさん歩くと甘いもの食べたくなりませんか?
こちらはお土産屋さんで買うことができる“金粉ソフトクリーム”です。
まわりには自然がいっぱい、美味しい空気とあまーいソフトクリームでクールダウンもぜひ!

歴史ロマンを感じつつ、佐渡の美味しい食材でお腹も満たされます♪

■コース紹介
観光に力を入れていることからたくさんのコースがあります。
気になるコースを見つけて、巡ることで寄り佐渡金山を知ることができます。
自由見学とガイド付き・団体でのコースがありますので、それぞれ紹介します。

■自由見学コース ※事前予約は不要
(1)宗太夫坑(そうだゆうこう) 江戸金山絵巻コース
催行期間:年中無休
料金:大人 900円 / 小・中学生 450円
見学時間:30分
(2)道遊坑(どうゆうこう) 明治官営鉱山コース
催行期間:年中無休
料金:大人 900円 / 小・中学生 450円
見学時間:40分
■ガイド付き団体コース
(3)世界遺産ツアー ガイド付 ※前日までの予約必須
催行期間:4月~11月
料金:大人 900円 / 小・中学生 450円
見学時間:100分
※日時は事前相談
(4)山師ツアー ガイド付 ※上級者向け
催行期間:4月~11月
料金:大人 1400円 / 中学生 700円 ※小学生不可
見学時間:50分
※1日10組迄 10時/14時
■2017年春に新設されたコース
(5)無名異坑(むみょういこう) 暗闇廃坑探検コース
こちらについては電話での問い合わせが必要となります。

<営業時間>
4月~10月 8:00~17:30
11月~3月 8:30~17:00
※終業30分前には入場して下さい。
<駐車場>
無料駐車場完備 500台

所在地:日本, 〒952-1501 新潟県佐渡市下相川1305

まとめ

雄大な自然と美味しい食べ物、なにより日本を支えた産業跡地。
一気にすべてを楽しむことが出来る佐渡金山は1日で歩き回るには難しいのです。
かくいう私もまだタイピングが止まらないほど、魅力をお伝えしたい。
世界遺産登録へ近づくには、私たちの一歩が大切なのかもしれないですね。



The following two tabs change content below.
書きたい時に書きたいだけ脳内アウトプットしています。 モットーは・・・好きなことは嫌いになるまで徹底的に! 永遠の25歳として愉快に人生航海中です。
この記事のQRコード